秋葉原電気街の象徴的存在「秋葉原ラジオ会館」解体工事

1962年にビルが建築されてからおよそ半世紀に渡ってアキバを象徴する建物として、愛されてきたアキバのランドマーク「ラジオ会館」が朽化が進んでいたことで、取り壊しが決定。

8月12日~14日の3日間、惜しまれつつ「納涼祭」が開催され、ビル内部が一般客に公開され「最初で最後の大開放」ということで、記録写真の展示から始まり、記念寄せ書き(ウォール)の公開、オリジナルTシャツ販売、縁日、看板類のオークション販売、そして、通常は立ち入り禁止状態だった屋上でビアガーデンが開催されるなど盛りだくさん。ビル内は別れを惜しむ見学者で連日賑わっていたようです。この期間、我々ライトウェブは、お盆休みのため、秋葉原を離れていました。現在は、8月15日から解体工事が開始されています。

新ビルの完成は2014年。それまでの間、テナントの半数は近くの仮店舗に移っている。

▼半世紀に渡ってアキバを象徴する建物として、愛されてきた世界の「ラジオ会館」秋葉原

半世紀に渡ってアキバを象徴する建物として、愛されてきた世界の「ラジオ会館」秋葉原

▼フロッピーディスクやパソコンソフト、近年ならフィギュアやガレージキットを購入したという人もいるのでは…。

フロッピーディスクやパソコンソフト、近年ならフィギュアやガレージキットを購入したという人もいるのでは…。

▼「ラジオ会館」にあったショップは現在みんな閉店・移動しています。

「ラジオ会館」にあったショップは現在みんな閉店・移動しています。

▼閉まったシャッターには「秋葉原ラジオ会館移転先MAP」が張り出されています。

閉まったシャッターには「秋葉原ラジオ会館移転先MAP」が張り出されています。

▼中では、8月15日から解体工事が開始されています。

中では、8月15日から解体工事が開始されています。

▼老朽化が進んでいたことで、取り壊しが決定

老朽化が進んでいたことで、取り壊しが決定

▼さようなら、そして、ありがとう「秋葉原ラジオ会館」

さようなら、そして、ありがとう「秋葉原ラジオ会館」

▼新ビルの完成は2014年です。

新ビルの完成は2014年です。