Light TALK Plus+ vol.10 「Photoshopの便利な機能について」

こんちはLight Webのアルバイト君です。
リュックサックの背面についている「ブタの鼻」や「コンセント」の名称を知っていますか?
正式名称は「ピッケルホルダー(アックスホルダー)」というものです。
ピッケルをホルダーに固定するために「ウェブベルト」と呼ばれるベルトをホルダーに通して使用します。
最近ではカラビナを通してキーホルダーなどをつける人が多いですね。

「Light TALK Plus+」とは…

アルバイトが気になった今ホットなWEBニュースやティップスをお届けするコーナーです。

今回のテーマは「Photoshopの便利な機能について」です!

レイヤーの表示・非表示

1)ドラッグして表示・非表示させる。

連続してレイヤーを表示・非表示したい時、表示アイコンを一個ずつクリックするのは効率が良くはないです。
しかし、アイコンをクリックしたまま、ドラッグすると一気に表示・非表示が可能です。

イメージ画像1

2)alt(option)を押しながら表示・非表示

alt(option)を押しながら表示アイコンをクリックすると、クリックした以外のレイヤーが非表示になります。

イメージ画像2

レイヤースタイルの移動・コピー

レイヤースタイルを別のレイヤーに適用させたいとき、メニューから「レイヤースタイルをコピー」「ペースト」するのは面倒です。
レイヤースタイルを示すアイコン部分をクリックしてドラッグし、適用させたいレイヤーに移動させると、レイヤースタイルが簡単に反映されます。
alt(option)を押しながらやるとレイヤースタイルのコピーが出来ます。

イメージ画像3

ウィンドウの複製

デザインの全体のバランスを見つつ、作業したい場合は画面を複製して片方は作業用、片方は確認用と活用すれば作業効率がアップします。

①ウィンドウ→アレンジ→ファイル名→.pdfの新規ウィンドウを選択。

イメージ画像4-1

②複数タブになります。

イメージ画像4-2

③ウィンドウ→アレンジ→すべてを左右に並べるを選択。

イメージ画像4-3

④画面が複数される。

イメージ画像4-4

切り抜き

写真から人物だけを切り取りとりたいとき、レイヤーマスクを使用して背景を塗りつぶすのでは効率が悪いです。

①メニューの「選択範囲」から「選択とマスク」をクリック。

イメージ画像5-3

②切り抜きたい部分を塗ると自動処理で切り抜き部分を塗りつぶしてくれます。

イメージ画像5-4

③「クイック選択ツール」で選択、「境界線調整ブラシツール」や「ブラシツール」で細かい調整をします。

イメージ画像5-1イメージ画像5-2

イメージ画像5-5

④調整が完了したら、「OK]ボタンを押すと完成です。

イメージ画像5-6

いかがでしたでしょうか?
普段使っているPhotoShopで知らない機能を知ることができれば、仕事時間の効率にも繋がります。
これを機会にPhotoshopについて学びなおせば、新たな発見があるかもしれません。

Light Webからのお知らせ

ライトウェブはプライバシーマークを取得しました!
今までも個人情報を取り扱う案件に携わって参りましたが、
より安心してお任せいただけるようになりました。
今後ともライトウェブをよろしくお願い致します!