SNS「Google+(グーグルプラス)」。6/28に始動。

Facebookに対抗すべくGoogleのSNSサービスがトライアルに入りました。

「Google+(グーグルプラス)」と名付けられたこのSNSは、現在一部ユーザー限定で6/28よりトライアルが行われています。既に日本語にも対応しているそうです。

Googleはソーシャル系のサービスで軒並み惨敗状態ですが、今回はちょっと違うような気がします。

そう感じるのは「サークル」という概念を導入している点です。

Facebookでは「友達」と瞬時に情報共有が出来、それが魅力です。しかし、残念ながら「友達」に深度がありません。家族も親友も仕事仲間も一度も面識がない人でも「友達」になれば全て「友達」です。フラットなのです。

フラットの良さもあるのですが、私はこの点が少し引っ掛かっていました。

GoogleはFacebookに不満が多いこの点を改善してきました。Google+では任意の「サークル」にユーザー(Facebookでいう「友達」)を振り分け、そのサークル内で情報共有が出来るようにしています。Google曰く、「実際の日常生活と同じような情報共有が行える」とのことです。

その他にも、サークル内の会話を促進させるために、サークル内の人間が関心を寄せる情報を探し出しやすくする機能や、ビデオチャット機能など面白そうな機能があります。

またスマートフォン用の一部アプリも既にリリースされており、その意気込みを感じさせます。

様々な意見が既にネット上で見受けられますが、私はちょっと楽しみにしています。