Light TALK Plus+ vol.3 ~ページスピードの重要性~

こんちは~Light Web社員の2号(ニゴウ)です。
新年あけましておめでとうございます!!
2018年に入ってもうひと月たつのですが……早すぎる…_:(‘Θ’ 」 ∠):_プルプルプル

そういえば今日は22時頃から皆既月食が始まるのだとか。
あいにくの曇り予報ですが、せっかくなので見えるといいですね!

「Light TALK Plus+」とは…
社員2号が気になった今ホットなWEBニュースやティップスをお届けするコーナーです。

今回のテーマはこちら!

「ページスピードの重要性」

前回に引き続き、Googleのセミナー「Growth Camp」の振り返りレポートから気になった内容を紹介します。
今回はページスピード(WEBページの表示速度)、特にモバイルのページスピードについて。
去年10月の「Growth Camp」でも、ページスピードの話はしつこく話題に上りました。
何故、ページスピードが重要視されているのか?
なんとなく察しはつくと思いますが、詳しく見ていきましょう。

ページスピードが遅いとユーザーは離脱する

今の時代、電車に乗るとほとんどの人がスマホをいじっています。
googleのブログに掲載されていた調査結果では、モバイルユーザーは一日約3時間、スマホをいじっているそうです。
そのうち1回スマホを見るのに使う時間は1分程度なのだそう。
もし仮に1分の間に気になったことを検索するとして、ページがなかなか表示されなかったら?たしかにイライラしますよね。

こんなデータもあります。
『ページ表示までに10秒かかると、サイトに訪れたユーザーの半数近くが離脱する』
当然、離脱したユーザーは同業他社のサイトに流れてしまいます。
サイトに訪れてくれたユーザーの半数が帰ってしまっては、かなりの損失です。
それだけでなく、ページスピードはgoogleの自然検索のランキングづけでも使われている指標の一つです。
そして、一番驚くべき点は、ページスピードは速ければ速いほどコンバージョン率にも跳ね返るということです!

「Growth Camp」では講師の方がこう言っていました。
『モバイルページの読み込みを1秒早くすると、27%コンバージョン率が向上する』
もしあなたのビジネスがWEB頼りだとしたら、ページスピードは間違いなくビジネス結果に多大な影響を及ぼしています。

改善するにはTest My Siteでチェック!

ページスピード改善にはまず、GoogleのTest My Site(無償ツール)を使ってみましょう!

・ページ読み込み時間
・ユーザーの推定離脱率
・競合他社との比較
・改善点

これらがすべてわかってしまいます!

ページスピードは『引っ越し』と同じだと言われます。
引っ越しで荷物が多いほど往復回数が多くなり、運ぶものが重いほど運ぶのに時間がかかるように、読み込むデータが重くて点数が多いほど時間がかかります。

まずは、ページスピードを確認し、画像圧縮など簡単にできるところから改善していってはどうでしょうか?
少しの手間で驚くほどビジネス結果が改善するかもしれませんよ!

今回は以上です。
少しでもためになりましたでしょうか?

本年もライトウェブと社員2号をよろしくお願いいたします!─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ