Light TALK Plus+ vol.21 「『半角/全角』の切り替え」

「Light TALK Plus+」とは…

アルバイトが気になった今ホットなWEBニュースやティップスをお届けするコーナーです。
今回のテーマは「『半角/全角』の切り替え」です!

Mac と Windows

WindowsとMac。
それぞれのOSを使用して分かったのですが、『半角/全角』の切り替え方法には違いがあります。

Macの『半角/全角』の切り替え方法

macのキーボード

Macの『半角/全角』の切り替え方法は、キーボードの「英数」「かな」が変換キーになります。
「英数」が半角、「かな」が全角に切り替えすることができます。

Windowsの『半角/全角』の切り替え方法

Windowsのキーボード

Windowsの『半角/全角』の切り替え方法は、キーボードの「半角/全角」が変換キーになります。
1回押すごとに半角、全角に切り替えることができます。

個人的には直感で切り替えすることができるMacの切り替え方法が好きです。
Windowsの場合は入力状態が半角であるか、全角であるか、確認する必要があります。
確認しないで切り替えた場合、意図せずに半角または全角になってストレスになります。

2020年10月に発売した「Surface Laptop Go」は新たな日本語キーボードレイアウトが導入されています。
「無変換」の箇所は「A」となり、「半角」に切り替わります。
「変換」の箇所は「あ」となり、「全角」に切り替わります。
つまり、Macと同じような仕様になっているということです。

Windowsのキーボードをカスタマイズ

さきほど、Windowsの『半角/全角』の切り替え方法は「半角/全角」が変換キーと紹介しました。
しかし、WindowsにはMacのように直感的に切り替えする方法があります。

手順1

バー画像1

デスクトップのバーにある「A」または「あ」を右クリックするとメニューが表示されます。
メニューのその中の「設定」をクリックします。

バー画像2

手順2

手順2-1

設定画像1

手順2-1
設定画面の「キーとタッチのカスタマイズ」をクリックします。

手順2-2
設定画面の「無変換キー」「変換キー」をそれぞれ選択します。

手順2-3
「無変換キー」を「IME-オフ」、「変換キー」を「IME-オン」に設定します。

手順2-2

設定画像2

手順2-3

設定画像3

キーボードの画像3

以上の手順でWindowsの『半角/全角』の切り替えをMacのように使用することができます。
「無変換」「変換」はスペースキーの隣に配置されているので「半角/全角」を押すよりも素早く、切り替えることができます。
従来よりも作業効率が上がると思いますので是非、お試しください。

Light Webからのお知らせ

ライトウェブはプライバシーマークを取得しました!
今までも個人情報を取り扱う案件に携わって参りましたが、
より安心してお任せいただけるようになりました。
今後ともライトウェブをよろしくお願い致します!